MacBookの初期設定のおすすめアプリ「Alfred」紹介

こんにちは!トールです!

今回は、MacBook用ランチャーアプリ「Alfred」(アルフレッド)を紹介します!
めちゃくちゃ生産性があがるので、MacBookを使っている方におすすめのアプリです!
Alfred公式サイト

  • MacBookを使って仕事しているけど効率を上げたい
  • MacBook買ったんだけど初期にするべきおすすめの設定を知りたい!

このような方の参考になると思います。

また、AlfredはMac専用でWindowsでは使えませんが、代替アプリ「Executor」というものがありますのでそちらをお使いください。使用感はほぼ同じです。
Executor公式サイト

目次

Alfred紹介

Alfredはアプリの起動や検索などといったPC操作で必須の動作を素早く行うことができるアプリです。

初期設定では「option」+「スペース」で検索窓が起動します。

ここに文字を打ち込むことで検索候補を出してくれて、そこから起動できる優れものです!

これを使えばいちいちマウスをDockに移動させてアイコンを探してクリックして・・・といったマウスを使う動作を0にすることができます!

“c”と入力したらGoogleChromeが1番目に出てきました。この状態でエンターを押せばGoogleChromeが起動します。
早いですね!

“m”だとメモが1番目に来ました。

また、2番目に出てきた候補を使いたいときは「command」+2を押せば起動します。
起動したいアプリの文字列をすべて打たなくて良いのが便利ですよね!

かな入力だとweb検索ができます。Google検索はもちろん、Amazon検索も候補にあがるのですごく便利です!

他にも半角数字を入力すると計算などもしてくれます。何十年前のネタ引っ張り出してるんだよ

ひかえめに言ってめちゃくちゃ便利なので是非使うことをおすすめします!

インストール方法

インストールは公式HPかAppleStoreからダウンロードできます。
Alfred公式サイト

英語サイトで少し分かりにくいですが公式HPからダウンロードすることをおすすめします。

AppleStoreは更新が止まっていますし、有料版が見当たらないので・・・

上の画像が公式HPです。

ここの「Download Alfred 4」が無料版。「Buy the Powerpack」が有料版になります

無料版と有料版の違いは単純に機能の違いです。
上で説明したことなら無料でできます。
他に連絡先からの検索だったり、1passwordと連携させたり等などたくさんの機能がありますのでそういった機能も欲しいよ!って方は有料版を購入しましょう。

ただ、パスワード管理ツールは個人的は「Bitwarden」というものがおすすめですので、無理に有料版にしなくてもいいと思います。

無料版は、ここをクリックするとすぐダウンロードが始まるので後はドラック&ドロップをして完了です。

あと、環境設定のキーボード項目にある「Spotlight検索を表示」のチェックマークを外しておきましょう。
こちらは初期に入っている検索機能ですが、Alfredと両方出てきたりして邪魔なので・・・

使い方

設定画面も英語でとっつきにくいですが見るのはここだけ!

上の画像で「Alfred Hotkey」という項目がAlfredを呼び出すショートカットキーになります。
このショートカットで検索窓が起動しますので、好みでコマンドを変えたければ変えましょう。

あとは「Where are you」を「Japan」に変えておきましょう。

これで終わりです!あとはショートカットキーを押してみてください!世界が変わりますよ!

まとめ

Alfredを導入して生産性をあげて充実したワークライフを過ごしていきましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

各SNSのシェアはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる