「脱毛」の種類紹介〜自己投資最強〜

こんにちは!トールです!

今回は僕が最近脱毛に通い始めたので、その種類とメリット、デメリットについて解説します!

普段、カミソリなど自分で処理しるものは「除毛」に該当します。これだと毎日剃ったりして面倒ですし肌を傷つけてしまう恐れがありますよね?

そう思って僕は脱毛に通い始めました。
自己投資するならかなり有意義な選択肢だと思います。

完了すれば常に清潔感を保てますし自己投資のなかでも最強の部類だと思ってます。もちろん安いものではないので、めちゃくちゃ調べてから通っています。

サロンや医療機関で行う脱毛は大きく分けて3種類あります。

  • 医療脱毛
  • 光脱毛
  • 電気脱毛

順番に解説します!

目次

医療脱毛

医療脱毛はその名の通りクリニックなどの医療機関でしかできない脱毛です。
特徴としては以下の通りです。

  • 光脱毛より強い照射を行うので永久脱毛になる
  • 一般的に5〜8回で完了する
  • 医療機関なので肌にトラブルがあっても安心

ただしデメリットもあります。

  • 痛みが強い傾向にある
  • 値段が高い

医療脱毛は痛みと値段を我慢してでも確実に永久脱毛がしたい!って方におすすめです。

光脱毛

光脱毛はサロンなどで行われる脱毛の一種です。光で毛根を少しずつ弱らせていきます。

特徴は以下の通りです。

  • 医療脱毛より痛みが少ない
  • 価格が比較的安い
  • 種類によっては美肌効果がある

こちらもデメリットがあります。

  • 通う回数が多い(10〜20回程)
  • 医療脱毛のような永久脱毛ができない

光脱毛は痛いの我慢できない人や予算があまりない人におすすめです。

ただし、限りなく0に近づくことは可能ですが、完全なる永久脱毛にはならないので注意が必要です。

同じ光脱毛でも「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」「ハイパースキン脱毛」などの種類があります。

僕が実際に通っているのが「SHR脱毛」です!
光脱毛サロンは種類も豊富で多くのお店があります。

手軽に通えるのが良いですね。

電気脱毛

電気脱毛はニードル脱毛とも言われる脱毛です。毛1本1本に電流などを流して毛根を破壊します。

特徴は以下の通りです。

  • 処理した毛は確実に永久脱毛になる
  • 毛や肌の色に関係なくできる

デメリットもあります。

  • めちゃくちゃ痛い
  • 1本1本処理するので時間がかかる

と、本当に痛いらしいので個人的にはおすすめできません・・・

めちゃくちゃ剛毛で、普通の医療脱毛でも効果がなかった時の選択肢でしょうか・・・

まとめ

脱毛の種類を大まかに説明しました。自分の目的や予算にあった脱毛機関を選ぶことをおすすめします!
特に痛みは我慢できずに通うのを諦めてしまう人もいるみたいなので、よく選んだほうがいいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

各SNSのシェアはこちら

コメント

コメントする

目次
閉じる